ビートたけしは車内アナウンスで女性を守る? TVタックル出演者も納得の痴漢撃退法。

ビートたけしが5月18日「TVタックル」(テレビ朝日系)で
画期的な痴漢撃退法を提案しました。
なんと!車掌による車内アナウンスを活用するのです。
意外や意外…なのですが、
なかなかどうして、効果が期待できそうですよ?

TVタックル

sponsored link  

 

スマホを用いた痴漢防止策が紹介されて…

番組内では、まず埼玉県警鉄道警察隊の取り組みが紹介されました。
まず、
警察隊に寄せられた相談を集計してみました。すると…
痴漢および盗撮では女子高校生が圧倒的なのです。

そこで同警備隊が導入した対策は、
「チカン抑止シール」

チカン抑止シール

シールをスマートフォンの裏側等に貼り、
痴漢行為をされた場合には、シールに書かれた文言
「さわらないで」
を痴漢に見せて警告します。

それでも行為を止めない場合は、
シールに印字されている「×」(バツ印)を
痴漢の手に押し当てます
。すると、その印が転写され、
痴漢行為の証拠となる…。
というもの。

ただ…これは痴漢の冤罪を発生しかねないのでは?
という声もあがっています。(自分もそう思いました。)

 

目から鱗! 車内アナウンスで痴漢に警告!

そのVTR紹介のあとに…たけしが提案した対策は
まさに!「目から鱗」の斬新なものでした。

車掌が、車内アナウンスを用いて警告するのです。

(毎回、ウソなんだけど…)
「2両目のオヤジ。また、乗ったなこのヤロー。
 痴漢ばっかりして捕まえるぞ!」
「4両目の高橋! テメーまた女のケツ触ってこのヤロー」
「監視カメラで見てんだよ、バカヤロー」
「またやってやがる! 降りろこのヤロー」

もちろんこれは、あくまでも偽りという設定のお話。
偽りなれど、このような車内アナウンスによって
(実際に行為に及んでいる)痴漢を牽制できるのでは…?

という斬新な手法です。
 

出演者のリアクションも良好で、
ミッツ・マングローブ
「目から鱗で、凄い効果がありそう」とおどろき、
テリー伊藤もうなずいていました。

テリー伊藤@TVタックル

こっちもこっちで
冤罪発生を助長しかねない…という不安もあるものの、
それなりの効果はありそうだと思えます。
ていうか、

sponsored link  

 

痴漢…風俗の「痴漢プレイ」とかで我慢できませんか?
(できないから痴漢行為に及ぶんでしょ(笑)。)

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析