持田真樹と京本政樹の幸せな結末はドラマ「高校教師」を越えた!

持田真樹京本政樹に辱められ、
それを撮影した動画で脅迫された…。
ビックリしますが、これは
ドラマ「高校教師」(1993年 TBS系)でのお話。

19日放送「爆報!THE フライデー」(TBS系)にて、
持田真樹(40)が、このドラマ以降ずっと、
共演者・京本政樹(56)を恐れ、畏怖していたことを明かしました。

sponsored link  

 

京本政樹は持田真樹のトラウマ?

「爆報!THE フライデー」の人気コーナー「あの美女は今…大追跡SP」
で持田真樹を追跡した際に、
彼女の代表作「高校教師」の話になりました。

持田は主人公の親友・相沢直子役でしたが、
確かにハードな役でしたね~。
辱められ撮影されるシーンなんて、
「こんなんゴールデンタイムでやっていいの?」
って思ったくらいです。

問題のシーン@高校教師

あのドラマは脚本家・野島伸司の方針で、
直接的な性的描写をとことん抑えています。
高校生にはキスシーンすらありません。
よってこれは、数少ない「例外」シーン。
この役も何人かの女優に拒否されて
持田真樹が担当するに至りました。

「泣いたこともあったし、精神的にも追い詰められた」
そうで、18歳新人には相当な重荷と思われます。

確かに京本政樹の演技は鬼気迫るものがありましたし、
暴力シーンも彼の提案により
持田の腹を蹴るシーンが追加になったとか。

そんなわけで、
持田真樹には京本政樹がトラウマとなりました。
そして、
以降ドラマでの競演はありません。

皮肉なことに、この役でブレイクした持田は
その後も「直子」と呼ばれることがあったとか。
 

京本・持田のアツレキ解消

しかーし!そんな持田真樹の気持ちを知らいでか、
この番組のドッキリ企画で、
京本政樹が登場。

ふたりは禁断の再会を果たしたのです。
持田真樹はしばし絶句ののち、目を潤ませました。

当時の撮影話より。
京本:「自分のことは怖かったか?」
持田:「怖いというより…嫌だなって」

…これには、スタジオは大爆笑でした。
が、京本は若干落ち込んだものの、
持田真樹を評価しました。
「高校生だった真樹ちゃんはよくやったな。」
そして、彼女を信じた故に(狂気的に)演じ続けたと。

これに対し持田は
「役柄同様、避けているところがあったので謝りたい。」
とこたえました。

sponsored link  

 

ちなみに、方々で
「アツレキが解けた」「確執が解消」云々とか書かれていますが、
そんなことはないようです。以下、持田真樹のブログより。

京本さんとは3年ぶり!
突然の登場、全く知らなかったのでビックリです(^_^;)

「高校教師」放送当時は、まだ高校生。撮影をこなすことだけで精一杯。
反響の大きさに驚き、役柄同様に避けていた事が少しあったかもしれません。

放送されませんでしたが、結婚式には祝電もいただきました。
食事へ連れて行って下さったり、メールで近況報告するほど仲良しなんですよ~。

確執なんてないので、ご心配なく!
京本さん、お忙しい中ありがとうございました。

彼女は2012年に結婚し、一女の母となっています。
芸能活動は控えめになりましたが、
いつまでも素敵な笑顔を見せてくださいね。
 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析