とんねるず解散、引退って本当? 石橋が引き際観を語る。

とんねるず解散報道が世を賑わしています。
7月10日の東スポ報道が発端で、記事によると…

唯一のレギュラー番組
「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)
が本年9月~来年3月までに終了し、
そこで芸能界を引退。

引退後の活動は、
石橋貴明は制作会社を立ち上げる
木梨憲武はアーティスト活動
…とのことです。

とんねるず@東スポ

sponsored link  

 

ギャラの高騰と「引き際」

10年くらい前までは、長者番付の常連でしたよね。
週に10本くらいのレギュラーはあったと思いますし、
ギャラは高騰したはずです。

とんねるず@みなさん~

記事によると1本800万円程度とのことです。
今でも、です。

そりゃあ…今となってはレギュラー減りますよね。
 

で、
唯一のレギュラー番組の終了が
引き際
と考えたのかも知れません。

ちなみに6月11日の「みなさん~」
石橋「引き際」について、こう語っています。

(仕事が)なくなっちゃったら、
なくなっちゃったでしょ。それは寿命でしょ。
こちら側がやりたいというより、
世間一般がNOって言ったら、寿命でしょ。

(中略)

出たくたって、お客さんが『NO』なんだから、
静かに、(敬礼のポーズをとって)
『ありがとうございました!』って

デビューを後押ししたタモリへの恩返し

自分が覚えているのは、
「笑っていいとも!」
のレギュラーを…直訴して!獲得したことです。
2014年1月(放送終了2ヶ月前)のお話。

とんねるず@いいとも

sponsored link  

 

「テレホンショッキング」に登場し、ふたりが
「レギュラーにしてください!」
からはじまって、
「出演者へのマイク装着でもカンペ出しでも何でもやります」
…と懇願して、
無理矢理(?)レギュラーとして居座りました。

このとき、多くの人が
「あ~あ、とんねるずって、ホント干されてるね。」
…と言いましたし、自分もそう思いました。
が、しかーし、
調べてみると…実は!こんな事情がありました。

 

とんねるずのデビューを後押ししたのって、
タモリだったんですね。

とんねるず@お笑いスター誕生

1982年「お笑いスター誕生」にて
とんねるずの評価は芳しくなかった…のですが、
審査員のタモリ
「お前ら何やってるか分からないけど、面白い!」
と絶賛したのです。
赤塚不二夫も評価していたそうです。)
 

つまり、
とんねるずの「いいとも!」乱入は、
デビュー当時の恩人への恩返し
…という意味合いもあったのです。

それだけじゃないとは思いますが(笑)。

ともかく、いつまでもがんばってほしいものです。
とっても人間味のあるふたりですから。
 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析