橋本マナミ、パンツ脱いで篠山紀信に挑戦!DVD付写真集「マナミ」発売ライブ開催。

橋本マナミ@ライブ

橋本マナミがDVD付写真集刊行記念ライブを行いました。
篠山紀信氏が手がける
digi+KISHIN DVD BOOK「マナミ」(小学館)
を勝ち取った彼女は、撮影秘話として
「パンツを脱いだ」話を披露しましたが…。

橋本マナミ@「マナミ」

sponsored link  

 

国民の愛人は「天城越え」を歌います

イベントは15日、東京丸の内「コットンクラブ」で開催。
芸歴18年の「国民の愛人」も、歌の仕事は初めてです。

「本業でもない私が(このステージに)立つのも申し訳ない」
「こういう場所に立てるとは夢にも思わなかったけど…」

と言いつつ、
「せっかくの機会なので…」と、2曲を歌いきりました。

その歌いっぷりは…まあご愛敬ということで。

歌うのは好きで、「天城越え」を(カラオケで)歌うそうです。
CDデビューも「受け入れてもらえるなら国民の愛人として」とのこと。
「夢は大きく武道館」…って、
お茶目というか色気たっぷりというか(笑)。
 

篠山紀信と橋本マナミ、それぞれの“策略”

本作に至るまでに、篠山氏は橋本マナミ側の
売り込みを3回断っています。

それを覆す決め手に至ったのは、
デビュー直後(13歳。愛人キャラになる前)
の写真が掲載された雑誌を見せての売り込みだとか。
彼女のデビュー後、最初の写真を撮ったのが
篠山氏だった…ようです。

橋本マナミ@13歳13歳の橋本マナミ。これがその写真…というわけではないと思います。 

 

橋本マナミは
撮影時のエピソードを、こう振り返っています。

(篠山氏は)気に入らないと怒って帰る…と聞いていた。
「パンツは脱がなくていいから、心のパンツを脱いできて」
と言われた時、
これは先生との心の戦いだ…とパンツを脱ぐ勢いで臨んだ。
先生には人を好きにさせる雰囲気があり、
服を着ようが着まいが関係ないという気持ちになって、
パンツを脱いだ。

まあ、見事なもんです。
橋本マナミも、篠山氏の策略も。
その篠山氏は、
「お嬢様だからこそ、そういうことができる。私は感動した。
でも言い方を気をつけないと、
ひどいメディアもいるんだから…。」

と、彼女をたしなめていました。
 

橋本マナミ@digi+KISHIN

ただ、
橋本マナミって、普段からノーパンを公言していたような…。
当日も
「心のパンツも普通のパンツも上(ブラジャー)も着けてないので危ない」
…って話してますし。

sponsored link  

 

と、いうことは…。
普段から(パンツを)はいてない橋本マナミが
撮影でパンツを脱ぐ必要は

…もともとないのでは?

つまり、
篠山紀信の策略を上回るのは、
橋本マナミの策略
なのかも…知れませんね?
 

愛人キャラなれど、朝ドラ「まれ」に出演!

その橋本マナミは
朝ドラ「まれ」(NHK)に出演しています。
演ずるはスナック「崖っぷち」のママ・かなえ役。

橋本マナミ@「まれ」かなえ

塗師屋の紺谷弥太郎中村敦夫)がひいきにする店のママで、
明らかに浮いた派手な格好で塗師屋に登場します。

彼女は、大みそかの紅白歌合戦を狙っています。
「『まれ』から入り込みます。出たら愛人キャラでいきます」
とのこと。
いやはや…これからも楽しみですね。いろんな意味で。
 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析