片岡鶴太郎が“仮面ライダー純”に変身! 歴代最年長ライダーとマッチものまねの演じ分けは?

片岡鶴太郎@仮面ライダー純

片岡鶴太郎(60)演じる本願寺純
“仮面ライダー純”
に変身し、歴代最年長ライダーの記録を更新します。
(TVシリーズのみ。映画では藤岡弘が68歳。)

片岡鶴太郎は
マッチ(近藤真彦)のものまねから
実写版サザエさんの磯野波平まで
幅広く演じ分けてきました。そして!遂に!
仮面ライダー!です。

片岡鶴太郎@マッチ

「仮面ライダードライブ」での役所は、
主人公泊進ノ介竹内涼真)が所属する
警視庁特状課の課長・本願寺純
渋さとコミカルさが共存する迷キャラです。
それが…
最終決戦も近い44話にして仮面ライダーに変身。
さて、どんなライダーなのでしょう?
 

変身公約を果たした片岡鶴太郎

そもそも制作時記者会見で片岡は
「私もチビライダーに変身します」
と言っていました。まさかそれが実現するとは…(笑)。

片岡鶴太郎の変身願望

変身公約(?)を果たした片岡は

間抜けでコミカルですが、こういうコミカルなライダーが出てくるのも、今の時代、ちょっと面白いかも。

と言いつつさらに、

ついに変身しましたよ、言い続けたもの勝ちでしたね(笑)。これで味占めちゃいましたね。変身後の姿は、われながら似合っていました。いつでも変身できるよう肉体を保っていましたから。

…とか言っています。
調子に乗せていいのでしょうか?
さておき、
なぜ…本願寺純が仮面ライダーに変身できるのでしょう?
それは、

資質がないからです(笑)。
 

資質がないから仮面ライダーになれる?!

ロイミュードとの最終決戦を前に、
特状課は敵怪人の研究を進めていました。
そこで客員電子物理学者の沢神りんな吉井怜)が、
警察官用のドライバー(変身ベルト)の開発に成功。

沢神りんな

これにより、
特別な資質のない人間でも仮面ライダーに変身できる
ことと相成りました。
その試作ドライバーで変身するのが本願寺純課長。
つまり、
資質のない人間第一号なわけです。

sponsored link  

 

片岡鶴太郎@本願寺純

うーむ。
「資質がない」けど、仮面ライダーになったもの勝ち!
…というところでしょうか。

ちなみに…配布された台本の登場人物欄を見て
“本願寺純”の横に“仮面ライダー純”
とあったのが嬉しくて、
思わず写メを撮ったそうです。

 

そんな片岡鶴太郎のサービス精神は万全で、
変身ポーズは故・坂上二郎「飛びます、飛びます」
の動きを入れた独自のもの。
(「飛びます、飛びます」は片岡の持ちネタ。)

坂上二郎

コミカルですが、面白いかも。
お父さん世代にウケるよう、昭和のギャグを。

流石です。
30日放送第44話、お父さんもお母さんもご一緒に!

ちなみに…
片岡鶴太郎は、こういう顔 ↓ も持っています。芸域の広いこと!
 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析