NGT48が新潟進出してもNegiccoは「戦わない」

Negicco

1月25日、AKB48の姉妹グループとして
NGT48」が誕生するとの発表がありました。
「NGT48」はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48に続いて
国内5つ目のAKB48グループとなります。

新グループとしては、
2011年10月発足のHKT48して以来、4年ぶりの話。
10月1日にNGT劇場がオープンするとか。

このニュース、発表とともに大注目を集めました。
しかーし!

新潟には地元発アイドル「Negicco(=ねぎっこ)」がいます。なもんで、NGT48に関する地元の反応が気になりました。でも、周囲の声は…

え?
なにそれ?
「地元発アイドル」なんて山ほどいるって?

しかーし!
その「知名度の低さ」
そして黒船AKBに対する「落ち着きっぷり」
…といったすべてが「Negicco」の実装する魅力なのです。

sponsored link  

 

「Negicco」って?

女の子3人の新潟の地元密着アイドル
…が、手っ取り早い説明です。以下、詳細というか来歴を。

2003年、新潟の名産ネギ
「やわ肌ねぎ」PRキャンペーンのため結成(JA全農にいがた)。
当初は1ヶ月の期間限定でしたが、そのまま活動延長とあいなりました。

デビュー曲は「恋するねぎっ娘」。直球ですね~。

翌年にはNHK「ポップジャム」に出演し、
司会者から「ロコドルでは実力ルックスともに一番」
と太鼓判を押されました。

そしてプロデューサー「connie」氏が関わり、
ブレイクへの段取りは整いました…が、

所属のタレント養成スクールが閉鎖したり、
一番歌のうまいメンバーが卒業したり、

…と、引退・解散危機は何回もあったのです。
しかし、Negiccoはめげません。

手焼きCDを手売りしたり、
ネギを振りながら歌ったり、
「勝ち抜き!アイドル天国!!ヌキ天」挑戦

sponsored link  

 

…等々がんばっているうちに、、

2010年
ホリプロ主催「全国アイドルお取り寄せ展」で、グランプリを受賞

2011年
TOWER RECORDアイドル専門レーベル
「T-Palette Records」第1弾アーティスト

と、ステップアップしました。
そして、2011年8月の「ライブアイドル入門」(監修:
吉田豪生粋の「プロインタビュアー」。
徹底した事前調査で、取材相手が忘れているエピソードを指摘することもある。

への参加がきっかけで、
サブカル層にも注目を浴びるように。

そして
「笑っていいとも!」「24時間テレビ」「Rの法則」
等々の出演で全国区へのアピールも達成し、

小西康陽や田島貴男のプロデュース

も獲得しました。
そしてついに!2014年12月リリースの「光のシュプール」は
オリコンCD週間ランキングで5位に入ったのです。

その際リーダーNao☆が話した通り、
新潟県民会館でのライブも決定しました。

「大物アーティストのライブで使われる憧れの場所、新潟県民会館でライブをしたい」

このライブは17都府県を回る全国ツアーのラストを飾ります。

そして
「ポップジャム」の後継番組「MUSIC JAPAN」
への出演も決まりました。
10年5ヶ月ぶりの音楽番組です。

黒船AKBへの反応は

…というブレイクムード満載のNegiccoなのですが、
冒頭で述べたとおり、
AKBが送り込む黒船「NGT48」結成との発表がありました。
各メディアでは、

NGT48とNegiccoの対決は?

と報じられましたし、
ソーシャルメディアでは、
NGT48に反発するNegiccoファンの反応もありました。
一方で、

いずれにしても、NGT48が誕生しようとも、Negiccoも共存できる、そんな環境づくりを模索していかなければなりません。

「Negiccoが可哀想じゃないか!」/三条市長日記(三条市長 国定勇人)

…といったものもあります。
さて、当のNegicco側の反応は如何なものでしょう?
Negicco

「新潟可愛い子多いのでかなりいいグループになるのではと思います、、、!」(Kaede)
「対決とかじゃなくて、誰かも書いてくれていたけど、一緒に新潟を盛り上げて行けたらいいなと思います。」(Megu)

そう。Negiccoは「戦わないアイドル」なのです。
地域密着しきっているので、特に慌てませんし、

新潟を愛するご当地アイドルNegiccoとしては、
NGT48も「新潟を活性化する仲間」なのかも知れませんね。

sponsored link  

 
 

こんな記事もご覧いただいております。

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析