「ヨルタモリ」終了の理由はタモリとフジの冷戦?「今夜は最高!」で日テレとも?

ヨルタモリ

タモリがフジテレビと冷戦?!絶縁?!
…などと、物騒な響きのニュースが出ています。

これは、先日惜しまれつつ終了した
「ヨルタモリ」(フジテレビ系)
について取材した週刊誌から出た話。

さて、その表裏事情を探ってみました。

ヨルタモリ

sponsored link  

 

期待された「ヨルタモリ」が1年で終了?!

9月で終了した「ヨルタモリ」
「笑っていいとも!」終了後初となる
フジテレビのレギュラー番組です。

ヨルタモリ

期待も集まり、こんなツイートが賑わいました。

これは楽しみ。
昔の音楽は世界だ!みたいな番組だったら良いのに。
 
ヨルタモリ楽しみだ。ブラタモリもまた観たいね。
 
「今夜は最高!」みたいなのを希望。
 
バー設定のトーク番組?夜の「サワコの朝」的な?
…まぁ実際に見ないとなんとも。

ヨルタモリ

そんなこんなで、「ヨルタモリ」
深夜帯にもかかわらず高視聴率をマーク。
「いいとも」には及ばずとも、
「タモリ倶楽部」同様の長寿番組かな~?
…と誰もが思っていたのに、

まさかの!
わずか1年での終了。

フジテレビ「当初から1年間の予定だった」
と説明しています。が、
そこには裏事情があったそうで。
 

宣伝目的ゲストの乱発に不満を漏らすタモリ

ヨルタモリ

記事によると、とある芸能関係者が言うには

タモリゲストのキャスティングに
文句を言わない
ことで有名。
それだけスタッフを信頼し任せてきたとか。しかし、

sponsored link  

 

今回の「ヨルタモリ」についてだけは「あまりにも宣伝目的のゲストが多すぎるよ……」と不満を漏らしていたそうです。

言われてみると…
宣伝がらみっぽいゲスト、いましたね。
(誰とは言いませんが。)

ヨルタモリ

タモリは「ヨルタモリ」を
番宣等の“政治”抜きで作りたかったそうです。

にもかかわらず、
フジテレビの意向で
宣伝目的ゲストが続いてしまった。
同関係者いわく、

タモリさんは「上層部が変わらない限りこうした番組作りは続く。だからしばらくフジには出ない」と周囲に話していたそうです。

タモリ+フジテレビ

あれまの絶縁宣言ですね。
事務所関係者が言うところの

「もともと1年で終了するというお話し」
「そのなかでタモリも完全燃焼しきった結果」

…と、どちらに信憑性を感じますか?
 

「ヨルタモリ」を知る上での「今夜は最高!」

ときに、前述ツイートにも出た
「今夜は最高!」
ってご存知ですか? 「笑っていいとも!」
より1年前にあった日本テレビ系の深夜番組です。

今夜は最高!

ゲストとのトーク
タモリのトランペット

が楽しめる
トーク/コント/ミュージカル/生歌・演奏
盛りだくさんの30分番組でした。
この番組ではタモリがサングラスを取ることも散見されます。

今夜は最高!

歌唱後の

「ところで○○さん、今のご気分は?」
「今夜は最高!」

が印象的な決め言葉でしたね。

これまた深夜帯にかかわらず高視聴率番組で、
全盛期1986年は年間平均視聴率が14%!

今夜は最高!

なんと!
美空ひばりが出たこともあります。
(美空ひばりはバラエティ番組への出演が少ない。)

タモリと親交の深い高平哲郞が構成を担当し、
土井甫九十九一WAHAHA本舗
などのレギュラーにも恵まれた番組は
8年、413回を数えました。
 

「今夜は最高!」終了で生じた因縁

そんな「今夜は最高!」の復活を望む声も少なくありません。
しかーし!
興味深いのが番組終了に関するエピソード。

今夜は最高!

1987年ごろから、視聴率が10%を切る回も散見。
それでも深夜帯にしては悪くないし、
タモリも続投の意志がありました。

しかーし!
スポンサー(Pioneer一社提供)の一部社員や
番組スタッフから暴言が…。

今夜は最高!

「もうタモリだけじゃ(視聴率の)数字は稼げないのでは?」

これを耳にしたタモリが、
「それならこちらから願い下げだ!」
…激昂し揉めたことで終了したと言われています。

これは高平哲郞氏の著書「今夜は最高な日々」
の記述とは折り合わない部分があります。

いずれにしても、
タモリの所属事務所田辺エージェンシー側は
打ち切り経緯に納得していないご様子。
「今後、タモリを日テレに出さない」とのこと。

そこで思い出すのが、
「笑点」次期司会者候補の話。
みのもんたタモリの名が挙がりましたね~。

タモリ@笑点司会者

落語家でない司会者は実例があります。
2代目―前田武彦
3代目―三波伸介(「てんぷくトリオ」リーダー)

このときの裏情報(?)には驚くばかり。
日テレは関係修復のために
笑点司会者として300万円のギャラを提示した

…とか。これ、本当でしょうか?

お金で動く人…とは思えませんが。

面白い番組を作るために必要なこと
…を、知り、追い続けている人ですよ? タモリって。
 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析