「ボクらの時代」に加藤綾子、椿原慶子、山﨑夕貴の仲良し3人が! フジテレビの女子アナ事情を語る。[動画も]

加藤綾子(30)、椿原慶子(30)、山﨑夕貴(28)の3人が
今朝の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に登場しました。
フジテレビのアナウンサー事情について
たっぷり語ってくれましたよ。

ボクらの時代

加藤綾子“寂しがり”ひとりで寝られない
山﨑夕貴“おしゃべり”魂を削ってしゃべる
椿原慶子“天然”入社当時の「ちんばら」事件

などなど、エピソードに事欠かない3人
朝から血圧上がりそうな30分でした。

ボクらの時代

sponsored link  

 

「朝から観てくれる」人への美味しい話

加藤綾子椿原慶子山﨑夕貴…と揃ったところで、
まずは先輩方を振り返ります。

2015年1月20日放送分
伊藤利尋×羽鳥慎一×佐野瑞樹
2015年6月28日放送分
中村仁美×佐々木恭子×梅津弥栄子
…ですね。

ボクらの時代

椿原「恭子さん達は冒頭から
  『こんなの朝から観てくれる人いるのかしら?』って…。」

山﨑「確かにその気持ち…わかりますよね?」
加藤「なんか美味しい話しないとね。」
 

つづいて、本日登場の3人が紹介されます。

加藤綾子(2008年入社)
“カトパン”の愛称、明るいキャラ機転の利くMCで親しまれる
フジテレビの朝の顔「めざましテレビ」のメインキャスター
「ほんまでっか!?TV」などのバラエティや大型特番を担当
フジテレビを代表するアナウンサーとして人気を博す

加藤綾子
 

椿原慶子(2008年入社)
入社当初から報道・情報番組を主に担当
持ち前の行動力で現場への取材を精力的に行う
「みんなのニュース」「Mr.サンデー」メインキャスター
報道アナウンサーのホープ

椿原慶子
 

山﨑夕貴(2010年入社)
女子アナらしからぬコメント飾らない人柄が注目される
情報番組「ノンストップ!」やバラエティの数々を担当
名だたる司会者を相手に物怖じしない度胸
確かなアナウンス力で実力派として人気を集める

山﨑夕貴
 

寂しがりの“カトパン”をツッコむ“ヤマサキパン”

加藤アナ椿原アナが仲良しで、
旅行に行った話等々をしたときに…
山﨑アナのツッコミが始まります。

山﨑夕貴@ボクらの時代

山﨑「でも、ホント、加藤さんって…寂しがりですよね?」
興味を持った椿原アナに向け、暴露話が展開。

sponsored link  

 

加藤綾子@ボクらの時代

山﨑「『めざましテレビ』で東北に出張した際、
  (加藤アナが)『山ちゃん…あたし、こういうの、
  ひとりで寝るの…怖いんだけど…一緒に寝ていい?』って…。」

加藤・椿原 (爆笑)

山﨑「こんなの男性だったら一発で落ちるな!
加藤「(苦笑しながら)男性には言わないでしょ」
山﨑キュンとしました…。」
加藤・椿原 (笑いっぱなし)

ボクらの時代

椿原「それで…一緒に寝たの?」
山﨑「寝ました…。ベッド、一緒に寝ました…。」
加藤「あんまり知らないところとかで…ホテルとか…怖くて…。」
山﨑「その時点で可愛いじゃないですか?」
椿原「なにを想像して怖いの?」
加藤「(きっぱりと)オバケ。」
山﨑「こんなん…男の人がいたら一発じゃないですか?
  『オバケが怖い』とか言ったら『守ってあげる!』ってなりますよ?」

 

おしゃべりな山﨑夕貴、天然な椿原慶子の「ちんばら」事件

山﨑「わたしは…あんまオシャベリじゃないって、
   思ってたんですけど…相当オシャベリみたいですね?」

加藤・椿原 (爆笑)

山﨑夕貴@ボクらの時代

おしゃべり好きな山﨑アナは仲の良い中村仁美アナと、
話に花を咲かしているご様子。

「なんつぅか…魂削りながらしゃべってるっていうか…。
ふたりとも、『どっちがおもしろいこと言うか…』
『いかに、お互いを笑わせられるか?』みたいな…。」

加藤アナによると、(隣同士のデスクから)
「テンポよい、止まらない会話」が聞こえてくるようです。
でも、

山﨑「(加藤アナは)笑い上戸だから、笑い上戸な人、あいそう。」
椿原「一緒に笑う人?」
加藤「ふざけてくれる人がいいんだよね。」

加藤綾子+山﨑夕貴@ボクらの時代

(少々の会話の後、)
山﨑「加藤さん、笑いのハードル低くないスか?」
加藤「(大笑いしながら)失礼なこと言うな!」
山﨑「しゃべってる方が気持ちよくなるんですよ。
   なんでも笑ってくれるから…。」

椿原慶子@ボクらの時代

加藤「慶ちゃんも天然で…笑わしてくれる。
  (『しんばら』氏を)『ちんばらさん』『ちんばらさん』って…。」

山﨑「疑問に思わないんですか?」
椿原「わたし、名前にホント…弱いみたい。覚えるのが。」

加藤綾子+椿原慶子@ボクらの時代

ちなみに椿原慶子「椿原」「つばきはら」と読みます。
しかし、「ちんばら」とも読むのです。
勘違いのルーツが…潜在的なところにあるとか?

このあとも、話は面白おかしく進んでいきます。
あっという間の30分でした。

山﨑夕貴@ボクらの時代

個人的には
山﨑“ヤマサキパン”夕貴の暴走ぶりが
再考あわわ最高でしたね。

さて、見逃した方は、
公開されている動画をどうぞ。(削除されないうちにネ。)

[ MioMio ] [ 9TSU ]

[⇒関連記事] ←これは収録後・放送前の情報
 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析