黒柳徹子 紅白歌合戦2015の司会は「大丈夫でしょう」

黒柳徹子(82)が29日、
「第66回紅白歌合戦」(NHK)の取材で
独演会を展開しました。
周囲は生放送での暴走を心配しつつも
上々なフォローとチームワークを見せ、期待を持たせます。

黒柳徹子@紅白歌合戦

黒柳は昨年ゲスト審査員として登場し、
これまでに紅組司会を5回務めています。

82歳に4時間半の長丁場には心配の声もあがっていますが、
本人は気にも留めません。「大丈夫でしょう。」

黒柳徹子

むしろ心配されるのはマシンガントーク
4時間半あるものの、内容盛りだくさんの生放送は
実はかなりの高密度。
井ノ原快彦(39)(白組司会者)も少々心配しています。

マッチさん(近藤真彦(51))が、「2、3曲歌えないぞと言うくらいおしゃべりになる」という話ですから、そっちの方が心配…。

…と言いつつ、
「実は、マシンガントークをみんなが期待している」
と民意を代弁。もう、なにがなんやら…ですね。

黒柳徹子

sponsored link  

 

黒柳徹子は近藤真彦の母親のよう?

黒柳徹子は、それを「ご自由に!」…と託しました。が、

15、16歳のときに初めて会ってお友達になった近藤真彦さんが、(紅白で)トリを務めるまで35年(歌手生活を)続けてきたことが母親のようにうれしい。

…とも言っています。
懐かしの「ザ・ベストテン」(TBS系)を思い出しますね。
本番では涙が出るかも…と感慨にふける黒柳徹子
確かに、親子のようでした。

黒柳徹子+久米宏+近藤真彦@ザ・ベストテン
 

黒柳徹子の玉ねぎ頭には飴が忍ばせてあって…

一方で、紅組司会者の綾瀬はるか(30)も
「この方のドラマは全部見てます。」と評価しました。
意外や意外、ファンだそうで。

黒柳徹子+綾瀬はるか

sponsored link  

 

なんでも、玉ねぎ頭には
「子どもや心の清らかな方だけにあげることに」
なっているが忍ばせてあるそうで、
それは、綾瀬には「差し上げてもいいかなと思っています」

一方で白組司会者の井ノ原
「汚れてないから大丈夫」そうですが、
「(飴を)出すかはわからない」とのこと。
相変わらず、笑わせてくれます。

黒柳徹子が第9回紅白で史上最年少司会を務めたのは1958年。
当時は番組開始時に(多忙ゆえ)出演者の半分も来ていなかったとか。

黒柳徹子+タモリ

1983年にタモリと一緒に司会を務めたときは
最初に「NHK紅白歌合戦!」と言ったとたんに
(時間が足りないことを示す)“巻き”が入ったそうで。

「紅白はそういう番組」と生放送の厳しさを知る黒柳
「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で
進行役のなんたるかも熟知しています。

黒柳徹子

マシンガントークそして生放送の
味わいそしてスリルを知る黒柳徹子に…期待大な今年の紅白
ただ…

今いらっしゃる歌手の方の半分は存じ上げてない

そうで(笑)。問題ありませんよ?!
「ザッツ、日本! ザッツ、紅白! ザッツ、黒柳徹子!」
 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析