史上初!NHK朝ドラ「まれ」の主題歌はヒロイン土屋太鳳が作詞した合唱曲

土屋太鳳

3月30日からスタートする
連続テレビ小説「まれ」(月~土 前8:00 NHK総合ほか)の
オープニング楽曲が、
ヒロイン・津村希(つむらまれ)を演じる土屋太鳳の作詞による

「希空~まれぞら~」

に決まったそうです。

テーマ曲をヒロインが作詞するのは朝ドラ“初”。

“初”と言えば…
そもそも土屋太鳳さんのドラマ主演も“初”です。

そんな彼女を、高橋練プロデューサーは
「これまでの会見での発言や、
彼女のブログの文章を見て、表現力や感性が素晴らしい」

と作詞起用を決め、

「秋の能登ロケとタイトルバックの撮影で
感じたことを詞に込めてほしい」
と昨年12月上旬に依頼したそうです。

sponsored link  

 

タイトルも土屋太鳳のアイデア。名前・希の漢字を当てて「希空」

曲のタイトル
「希空(まれぞら)」
も土屋太鳳が考えました。タイトルに込めた思いは…

能登でロケをしていた時に、外からの文化を持ってきてくれる人を「まれびと」というと聞きました。人はいろいろな気持ちで空を見る時があると思うけど、空って本当はどんな遠くの文化や場所や人ともつながってると思うので、「まれびと」の響きを借りて「まれぞら」という言葉はどうかなと思いました。

能登の空の美しさが忘れられなかったし、実はその空が、世界中につながっている一つの空の一部だという事も、素敵なことだなと思います。

作曲は、話題の作品を多く手がけている
澤野弘之氏が担当しました。
「機動戦士ガンダムUC」や「進撃の巨人」が
記憶に新しい新進気鋭の作曲家です。

「ドラマのキーワードの手作り感、
暖かさを大切にする(プロデューサー談)」ために
「誰もが口ずさめるような合唱曲」というテーマで作られました。

レコーディングは
子どもから大人まで15人ほどスタジオに集めて行われ、
タイトル映像は昨年の秋、
能登で150人以上の地元の人たちを集めて撮影されました。

能登の希空能登半島・輪島の希空です。

sponsored link  

 

土屋太鳳の表現力と感性は素晴らしく、
「一発目に送られてきたものを見て、すごい」と思え、
ほぼ手直しなく
完成に至ったそうです。いやはや、3月30日の放送が楽しみですね。
 

余談ですが、土屋太鳳さんは、
現在放送中「マッサン」のひとつ前「花子とアン」
にも出ていましたね。妹の「もも」役でした。

が、しかーし!

その3年前に
「おひさま」にも出てたんですよ?

主人公の教え子「木村ハナ」が大きくなってからの役ですね。
諸事情で足を引きずる…難しい役でした。
3作目にして主演獲得、おめでとうございます!
主題歌ともども、作品も期待しています。

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析