有村架純よりかわいい?ビリギャル石川恋の黒髪画像が話題。

昨年話題となった「ビリギャル」映画の公開は5月1日。
清純派のイメージが強かった有村架純が
ミニスカ金髪ギャルに扮します。

一方で、表紙モデル石川恋の人気が再燃してますが…
なんと!「有吉反省会」で黒髪にする指令を受けました。
結果が、これ↓(ブログトップページより)

黒髪の石川恋

自分は表紙の人が「ビリギャル」本人だと思ってました(爆)。
つか、
そういう人いませんか?
(その勘違いは)自分だけですか?

ま、いいか。

ビリギャル

「ビリギャル」とは?
学年ビリの成績から1年で慶應義塾大学に現役合格した女子高生の実体験を書籍化した「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(アスキー・メディアワークス)のこと。65万部を突破し、4月からはコミカライズされます。(「LaLaDX」5月号より)

有村架純を知ったのは
「あまちゃん」
という人は少なくないでしょう。

若き頃の小泉今日子(天野春子)を見事に演じていましたね。
それをきっかけにブレイクした彼女は
CM、ドラマ、映画、舞台…と幅広く活躍しています。

(個人的には「女子ーズ」を推しときますが。)

さて、その有村架純の「金髪ギャル」ぶりは、見ての通り。
なかなか似合っています。

有村架純のビリギャル

ギャル役のオファーには
「自分にできるのか?」と驚きつつも、
原作を読んで意気込みが高まったそうです。

実際に原作や台本を読ませていただくと「ギャル」という言葉のイメージとは異なってとても素直で一途な女の子だったので、やらせていただくのが楽しみになりました。

単に慶應を目指して受験に奮闘する女の子の話というよりは、さやかさんが一生懸命頑張って、一途に思う気持ちが先生、家族、友達の心を動かしていくというお話なので、(中略)、一途に演じられればと思います。

表紙モデルが話題再燃「あの金髪ギャルは誰?」

一方で、
「ビリギャル」が映画化で話題再燃すると同時に、
表紙のギャルも話題再燃しています。

そう、繰り返しになりますが…
表紙の人は「ビリギャル」本人ではなく、
石川恋
さんです。

sponsored link  

 

彼女は21歳の現役大学生で、
「JELLY」読者モデルとしても活躍中です。

19歳の時にスカウトされ、
その後2013年「ビリギャル」モデルに抜擢。
不機嫌そうなれどどこか可愛いギャルの表紙は話題を集め、
書籍のヒットにも貢献しました。

…が、時は流れ、
忘れられ…かかったのですが(失礼!)

映画公開がせまり、
「ビリギャル」の話題が再燃すると同時に
若干注目されたのか、

人気バラエティ番組「有吉反省会」に3週連続出演。
そこでリアクション等々が注目され、
Twitterでも

「ビリギャルの子かわいい」「有吉反省会の可愛いギャル誰?」

と話題になりました。
この番組で「黒髪に出直す!」という命令を受け、
黒髪に変身する…のですが、
実は、過去に金髪でない頃があります。(そりゃそうだ)

本人のTwitterより

ちなみに彼女は
「ビリギャル」の仕事以前がオーディション落選つづきで、
「最後のチャンス」と言われたものですら失敗。

その状況下で
「書籍の表紙」としてきた仕事が「ビリギャル」。
ブログで撮影時のことを、こう語っています。

イメージとして伝えられていた『さやかちゃん』とリアルに同じような気持ちだった。
だからこの写真が撮れたのだと思います。

(中略)

書籍をいただいてすぐ読みました。

やっぱりさやかちゃんと自分がすごく被った。

目指すものは違っていたけどそれまでの想いや家庭状況、お母さんとのやり取りや絆も自分と似ていて、涙が止まらなかった。

石川恋

少しずつ仕事も増えた。
グラビアやタレント、演技。
今まで知らなかった世界を知ることができて、もっともっと勉強したくなった。

あんなに憧れてたJELLYにも出れるようになった。

諦めるタイミングなんてたくさんあったと思います。

でも諦めない決断をするタイミングってきっと少ない。

ビリギャルは私に夢を諦めないきっかけをくれました。
KADOKAWA編集長の工藤さんが何人もの中から私を見つけ、選んでくれました。

今は、ほとんどの仕事を
「ビリギャルの石川恋」
として活動していますが、いつか
「ビリギャルの」が取れて「石川恋」
でも知ってもらえるよう、がんばるとのこと。
これからの活躍も期待したいところですね。

最後に。
原作の坪田氏は

「ビリギャルは『受験の話』でもありますが、
それ以上に『ある家族の愛と成長の話』です。
多くの人にとって、家族のありがたさを再確認する機会になると幸いです」

とおっしゃってます。

映画、本、コミック…「ビリギャル」を知って、
自分を、家族を知ることができるかも知れませんよ?

「ビリギャル」公式サイト

有村架純が表紙モデルの「ビリギャル」おまけ:有村架純が表紙モデルの「ビリギャル」

 

 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析