NHKドラマ「64」や映画「凶悪」で評価されるピエール瀧の演技力。

ピエール瀧@「64」

ピエール瀧主演のNHKドラマ
64(ロクヨン)
が絶賛放映中です。そもそもこの「64」とは、
わずか7日間だけの「昭和64年」のことなのですが、
ピエール瀧が抜擢された理由は「昭和顔だから」…って、本当?

つーか、そもそも、
電気グルーヴのフロントマン
…が本業の(はずの)ピエール瀧なれど、
最近では
凶悪」の死刑囚・須藤
アナと雪の女王」の雪だるま・オラフ
…の俳優・声優として有名だったりします。

そして
「64」はその新境地となる作品でもあるのです。
 

sponsored link  

 

昭和顔なピエール瀧の昭和「64」年

ドラマ化そして映画化の決まった「64」は、
横山秀夫による推理小説として2012年に刊行されました。
本来は「D県警シリーズ」4作目として2009年に出る予定でしたが、
作者の全面改稿による書き下ろしとしてリリースされたものです。

あらすじとしては…

たった7日間の昭和64年、とある県警管内で誘拐殺人事件が発生。
犯人に翻弄された県警は「ロクヨン」という符号で解決を誓うものの
解決には遠く、名ばかりの継続操作状態となっていました。

その14年後、時効間近の「ロクヨン」を
模倣した事件が発生したのです。

ピエール瀧演じる三上は、
「ロクヨン」初動捜査に関わった、生え抜きの刑事でしたが、
出世途中で広報官に任じられていました。
三上は、14年の時を経たふたつの事件
さらに妻と娘との家庭事情にに翻弄されて…というお話。

 

それにしても…ついに刑事役ですかぁ?
その点についてはピエール瀧本人も同感だったようで、
オファーが来た際には意味がわからなかったとか。
で、プロデューサーには
「昭和顔だから」
…と言われたとか。まあ、昭和の話ですからねぇ。
会見では、
「NHKどうかしちゃったの?」
とおどけてました。どうかしちゃった…わけではないけど(笑)、
それだけ、ピエール瀧が俳優として評価されたのでしょう。

ちなみに本作は映画公開も決まっています。
映画版の三上刑事/広報官は佐藤浩市とのこと。
いやあ、
ピエール瀧と佐藤浩市が同じ役を演じるとは…。
って思っちゃいますよね?
 

俳優・声優そして電気グルーヴの「TAKI」

でも、
そもそも、役者として活動し始めた頃は、
電気グルーヴもしくはバラエティ番組等のピエール瀧
…のイメージをなぞるような役が多かった気がします。
サブカル系だったり、
つかみどころがなかったり…。
 

イメージが変わった、というか新境地開拓は、
やはり
ローレライ」(監督:樋口真嗣 2005年)
でしょうか。
田口徳太郎という生粋の帝国軍人役でした。
ここから役者としての幅が広がった気がします。

現時点で(自分に)一番印象深いのは
凶悪」(監督:白石和彌 2013年)
の死刑囚役ですね。元暴力団組長の。

ピエール瀧@「凶悪」

この役というか映画って…
(言い古された話ではありますが、)
一時期の電気グルーヴの世界観と共通するものがある
のですよ。
ORANGE」の頃かな。(1996年)
シニカル/社会批判/そしてなぜかギャグ。
 

sponsored link  

 

ここで、話を電気に移してみます。

ピエール瀧の
電気グルーヴにおける担当楽器は
瀧(TAKI)
とのこと。でもそれって…ドンピシャですよね?

これにはルーツ(きっかけ?)があって、
とあるバラエティ番組で
「電気グルーヴのなかで瀧さんは何の担当なんですか?」
という質問に
「瀧です。」
と答えたことがあるとかないとか。(あるんですが)

ピエール瀧@電気グルーヴ
 

電気グルーヴのフロントマンであるゆえ、俳優・声優に

ビジュアル的に地味…なものが多い同業者(打ち込み系)
の中で、電気グルーヴがきらめくのは、
その世界観ゆえであり、その構築に欠かせない存在が
まさにピエール瀧じゃないでしょうか?

電気グルーヴのエンタメ性そして
目に焼き付くインパクトは結成25年を超えても色あせません。
そのフロントマンを演じることが、
ピエール瀧にとって
俳優・声優としての存在感を生み出す土壌であるはず。

電気グルーヴにおいては、
派手なパフォーマンスとボーカル、ときに着ぐるみで
「歌詞」の世界を増幅・追体験させてくれる…それが
ピエール瀧の役割
です。楽器を弾かない/弾けないミュージシャンってやつでしょうか。

その積み重ねが、俳優・声優としての
表現力・存在感
を生み出し、
数々の作品をさらに魅力的にしてきたのです。

今回の「64」における刑事役が…
また、
新たなターニングポイントになるかも知れませんね。

「電気グルーヴの役割?
他のバンドには俺がいないこと(笑)」

 

sponsored link  

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

sponsored link

  •  

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析